メニューを開く

介護施設、介護事業者のトラブルのご相談は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

顧問弁護士のメリット

  • 「弁護士にはトラブルが発生をしてから依頼すればいい…」
  • 「顧問弁護士といっても実際何をしてくれるのかわからない…」
  • 「頻繁に相談することもないので顧問料を払うのがもったいない…」

顧問弁護士とは、企業経営を行っていくうえで発生するあらゆる法的なトラブルに対して、その企業の担当弁護士として、迅速にアドバイス・処理をする制度のことです。何かトラブルが発生した際にすぐに相談をすることのできる、いわば「ホームドクター」のような存在が顧問弁護士です。債権の焦げ付きや刑事事件、交通事故など様々な不測のトラブルに遭った時、土日でも夜でも携帯にでも御連絡いただければ、すぐに対応いたします。

トラブルが発生した後の対応だけでなく、あらゆるリスクに対して未然に法的なアドバイスを行い、紛争やトラブルを防ぐことが可能です。これらは、本やインターネットで調べ対応することも可能ですが、膨大な時間が掛かるだけでなく、置かれている状況に対して的確な対処方法を導き出すのは困難です。顧問弁護士を雇い入れることで、企業固有の状況に対して、ベストな解決策を提示することが可能になります。

「毎日相談をするわけではないので、顧問弁護士を雇うのは費用対効果が悪いのではないか?」とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、顧問制度を上手に活用していただくことにより、大きなメリットが得られます。例えば、契約書の作成・チェックや顧客からのクレーム対応、就業規則の見直しなど、あらゆる場面でご活用いただけます。

顧問弁護士は介護施設のリスク軽減に繋がります

紛争やトラブルは起こってしまった後に対処をするのでは、多大な時間と労力を費やすことになります。企業活動に専念していただくためにも、顧問弁護士をご活用ください。

介護施設・介護事業者のための無料トラブル相談

初回60分の無料相談実施中!