メニューを開く

介護施設、介護事業者のトラブルのご相談は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

美容整形のトラブル

近年、韓国やアメリカを中心とした海外での整形ブームや、テレビ・雑誌等のメディアによる情報発信によって、美容整形へのネガティブなイメージが払拭されてきました。また、「プチ整形」という気軽かつ安価で受けられる施術も増えてきたため、若年層を中心に施術を受ける人が増加しています。

それに伴い、整形外科でのトラブルも増加しています。「満足のいく効果が出ない」や「強い副作用が出てしまった」、「施術前の説明通りの結果にならなかった」など、患者からクレームを言われてしまうことも珍しくありません。中には、明らかに医院側に非がない場合でも、患者から強くクレームを言われ、対応に困ることもあります。

施術の結果・プロセスに対して多額の賠償金を請求されたり、クレームの対応でスタッフが疲弊したりと、トラブルが発生すると経営において大きなダメージとなります。それだけでなく、ネット上での書き込み風評被害によって、二次的な被害をこうむることも多くあります。

これらのトラブルを未然に防ぐためにも、施術の前の段階で十分な説明をし、治療の効果や意義、それに伴う副作用の可能性などについて、納得していただいた形で施術を受けてもらう必要があります。また、契約の際には、それらについての同意を確実に確認するための書類を作成する必要があります。

弁護士に依頼をしていただくことで、トラブルを未然に防ぐための契約書の作成及びチェックを行うことができます。契約書は、ネットなどで検索し雛形を見つけることもできますが、個別の事情に対応しておらず、後々のトラブルに発展してしまうこともありますので、専門家である弁護士に依頼することをおすすめいたします。万が一トラブルになった場合にも、弁護士が代理人として活動をしますので、医院のスタッフや先生方に負担を掛けることもありません。

中村・安藤法律事務所は、美容整形業の顧問先も複数担当しておりますので、業界に精通をした、個別事情に合わせて対応することが可能です。無料法律相談を実施しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

介護施設・介護事業者のための無料トラブル相談

初回60分の無料相談実施中!