メニューを開く

介護施設、介護事業者のトラブルのご相談は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

身体トラブル

介護施設でよく起こるトラブルとして、利用者の身体的なトラブルがあります。具体的には歩行中の転倒やベッドからの転落、食事の誤嚥や薬の誤飲があたります。

介護施設で発生するトラブルの中でも、身体トラブルに関する相談が最も件数が多い相談になります。介護施設の入居者は、高齢で体がもろいため、一回の転倒や誤飲が、大きな怪我や体の不調を招いてしまいますので、防止に努めなければなりません。

転倒による事故については、介護施設で最も件数の多いトラブルでありながら、過失についての明確な基準がありません。そのため、訴えを起こされると、実態に関係なく、施設側が損害賠償を負わされるケースが多いです。
また、食事の誤嚥や薬の誤飲は、件数としては転倒よりも多くありませんが、実際に訴えを起こされ、裁判に負けてしまうと、損害賠償額が高額になる傾向にあります。基本的に食事をしている際などは施設のスタッフがいる前提になりますので、その分負う責任も大きくなってしまいます。

施設側としては、身体的トラブルを防ぐことが困難であったこと、その可能性が予想の範囲外であったことを示す必要があります。そのためには、普段から介護日誌や看護記録をこまめに書き、残しておく必要があります。これらの記録により、普段から怪我防止のため最善を尽くしていたことが証明でき、いざ訴えを起こされた際に、過失を問われにくくなります。

個別の事情については、それぞれの状況により大きく変わりますので、まずは介護問題に強い中村・安藤法律事務所にご相談ください。

介護施設・介護事業者のための無料トラブル相談

初回60分の無料相談実施中!